2018年12月31日

意識の目覚め



覚えているだろうか
何かを求めることなく
ただ与えられることを知っていたときを

自分を抱く優しい腕が
ただ自分のためにあると信じていたときを

いつの間に
忘れたふりをするようになっただろう
木々に揺れる葉に目を奪われ
射しこむ光に未来を描き
何もかもが手の中にあると知っていた瞬間を

人は力というものを
自分とは別のものであるととらえている
それを手に入れようと求めるあまり
自らの力を封じ込めてしまう

人は心というものに
無頓着になり
常に今ある事象のうちに
真実をかき消してしまう

真実を追い
真実を問い
そして同時に見失う

真実が人の心を決めるのではなく
人の心が真実を決める
多くの人はそう信じている

では、心とは何か
心は何かを決めるだろうか

心とはありのままを映す
澄んだ月のように純粋で

明るい光を放つ
太陽のように大らかで

太古からの知識であり
真理の法則であり
研ぎ澄まされた鋭い眼だ

多くを知りながら
多くを語らず

思いの描き出す世界をありのままに見守っている

誰が気づいているだろう
自分がどれほど大いなる愛に満たされて

許すも許さないもない
どんな自分であれ
ただあるがままにそのままに
大いなる腕に抱かれている

大いなる心は扉を開く
いつもいつも思いに寄り添い
深い知恵を伝えている

いかに人が自らの本意を見失い
荒れ果てた砂の地へ迷い込もうとも

どれほどうちひしがれて
嘆きの底に落ちてしまおうとも

人は希望の種を見つける力を失うことはない

心は知る
小さくとも一点の光を
枯れることのない一滴の雫を
それがもたらされるそのときを

そのときにこそ
本来の力が発揮されることを

誰もが同じく響かせている
自らという大いなる鐘の響き
世界中に鳴り響かせて伝わり合う力

忘れることはできない
大いなるゆりかごは
あらゆる知恵の唯一の源泉

さあ、その門の扉を開こう
そしてこれから、ここに、
その知恵の一端を書き記して残すこととしよう




posted by RFT 佐藤純子 at 16:55| 日記