2019年01月18日

天の花開くとき



新たな知識を得たいと思うのは
本質的な欲求であり
生きる喜びの発現だ

誰にも踏み込まれなかった
真実の目覚めは
魂の覚醒と同じだ

欲望に満ちた
利害の追及は
精練された知識ではない

欲望の声は
紡いでは織り上げた
自らの知識を
消滅させ反転させる

知識のありようは
誰のもとにも平等に
その湧きおこる情熱を
陽の下に実現させる

力のもたらす意欲は
富のもたらす僅かな希望の
比べようのない
本来の喜びを波立たせてくれる

耳を傾ければ分かる
とうとうと
呼びかけるような
流れる大河を

目を凝らせば見える
脈々と連なるような
山すその広がりが
進む道を照らしていることを

湧きたつ思いは
伝えている

絶えない湧き水のような
新鮮な息吹きの香り

聞こえてくる
聞こえてくる
天の聖歌

光より
速い道程で
冴えわたる

歌声が空に宣言する
知識の源泉が
門の扉を開放することを

時を待てば
太陽の光の先に
探し求めた知識が現れる
扉の開いたそのなかに

多くの
叡智に彩られた
黄金のような
虹色の書があるだろう

手にするときが
唯一の自己開示につながる

自らを知ることは
知識の源泉にふれること

自らを開くことは
在り方の意識を高めること

誰もが知っている
泉の湧き出した
その先に待っている
輝く生命力の再生

取り戻すのは
天上と大地の融合
1本1本の柱の蘇りによって
誰でも理想の実現が
叶うようになる

手を挙げて受け取るのは
空に舞う天の花なのだ






posted by RFT 佐藤純子 at 12:17| 日記