2019年01月23日

唯一の花



輝く花の名は
光の中で
その力を発揮する

誰が見ただろう
誰が気づいただろう

その力の発揮する
偉大な輝きを

いつか遠い昔
人は自らを花にたとえて
その命を讃美した

遠い昔
人はその命に
善悪がないことをしり
深く知識を響かせあった

人々は愛を
花々は知識を
空は澄んで
天は輝く書を開く

書に表れるのは
人の構造や仕組みの何たるかではなく
人が何のためにその生命を得て
この世界が存在しているのか
解き明かす

一端の真実を垣間見せる
目的がある

生命は甦る
光の花の庭で

人は知っている
自らの輝く瞬間を

誰もが高鳴る鼓動の
喜びを知っている

大地は実りをもたらし
木々は葉をおとし
光はいろどりの
書を開く

光をうつす真理の中に
書かれているのは
金の文字

力をうみだす光のもとは
天の奏でる紫雲の弦

天の響きの
その先に続く
光の柱の
天の花

つむいで
織りかさねて
人は自らの心を輝かせる






posted by RFT 佐藤純子 at 18:10| 日記