2019年02月28日

からだ再生の頁



体の機能について私たちが知っていることは
動作と運動のメカニズムや
生死に関わる解決策として

病理的な研究
手術に関する医学的な知見
目の前の問題に対する打開策

そういったテーマを積み上げて
対応したものから得ています

体はなぜ存在するのか
体の本質について問われません

体の本質というと
大袈裟に聞こえるかもしれませんが
単純なことの中に
大切なことがあります

まず、体は人としての
生き方を選んでいます

それは感動や勇気
希望や夢
他者との関係
社会における自分の目的

当たり前のことが
体を通して発信されています

では、体は
何をしているのでしょう?

人が未来の夢を描いたとき
体は実現に向けて動きます

どのように動くかというと
脳の発する信号をコントロールすることで
自分の生き方を認識させ

あたかも自分の中に
それが起こっているという錯覚を起こします

脳は選択をしませんが
判断をします

判断というのは
体が発する信号を
心地よいものかそうでないか振り分けることです

判断された情報は
脳の下垂体から
全身に送り出され

体を巡ります
その時伝達されるのは
心地よさと幸福感です

この感覚は脳が創り出したものです

脳はまず
良い人生をイメージさせます

良い人生とは
親や家族
他者との関係
そういった相手に適した自分の創出です

自分に相応しい生き方は
記憶を司る脳の前頭胚葉が担います

この部位は自分の在り方を決定するための
様々なデータを分類し
他者中心か自分中心か

体と照合します
照合の仕方は前回の説明と同じです

照合のあと
脳は繰り返し体に情報を送ります
体は何度も自分を認識します

自分の生き方が脳の信号によって
決められていることを
知る人はごく僅かです

さて今回も一つのワークをご紹介します

このワークは自分の生き方が
他者中心になっている方に
取り入れていただきたいものです

頭頂部を両手の平で包み
「私は私の中に居場所がある」
と3回繰り返して深呼吸します

それを1日に3セット行います
何日か続けてみてください
ただそれだけです

たったそれだけのことが
信号を切り替える機会になります

さて話を戻しましょう
運動の機能は
体の根幹を支えるものですが

体自体は容器のように
信号の送受信に従っています

もう一度同じ話をします
ここで問われるのは「意図」です

感覚器は「意図」を運びます
この見えざる意図は「思考」をコントロールします

「思考」が
信号を受け取ると

情報を探します
記憶と
総体的な意図のデータです

意図は大量のデータを一瞬で選出させます
これらを記憶と組み合わせて
「思考」を創出します

体が信号を放つと
思考がやってくる

思考は
人の人生を支えていますが
実際には脳の司令です

脳に組み込まれた伝達システムは
本来は自分が
肉体という容器と
信号によって反応を起こす

生命の幻想を
見せないようにしています

体が攻撃と破壊の信号を受信する時
「意図」は知らん顔をしているわけではありません

脳の組織の一部を破壊して
「感情」の放出という方法で
再生を促そうとします

脳は見えざる意図の温床です
意図は心というものを感じさせます
これによって人というものが

生命の支配を受け
自分を構築する段階を
描くことが出来るのです

心は
意図そのものではありません

記憶や感覚器が
自分を認識させあたかも動いているように
思わせるのです

人は生きる意味を
考え実現しようとします

それは意図の働きです
生きて何かを為す

脳はその司令を体に送り
体は応えようとし
見えない葛藤に支配されます

人が自分を再生させるには
心と体のメカニズムを
日々に取り入れることが
鍵となるでしょう

生命のシステムは
そのヒントをお伝えするための
指標です






posted by RFT 佐藤純子 at 15:52| 日記