2019年02月16日

木の根の頁



人の
思いのなかの
やみは

自らの
すがたを
しることをさけていること

自らこそが
木の根のような

かたい
つよい

ちかいの主であることを
忘れている

木の根はおぼえている
ちかいのことば

よみがえる記憶のことば
しっていた
懐かしいことば

自らを
ひらく

おもいだせるのは
木の根が
放った

うるおうような光と
湧きおこるしずくの

かさなりのいろが
天にひきよせられたとき

見えてくる
文字の
やくそく

思いだせる
木の根のような
つよいちかい

たしかめて
とりもどす

いのちに
つながっている

さがしていたことば
自らのやくそく

まっていた
開けるとき

扉に描かれた文字は
ずっとしっていた

光のなかの
たしかな
ちかい

ようやくとりもどす
守りぬく

決まっている
信じている

木の根の頁が
伝えている

それいがいは手放しなさいと

つかむのは
いのちの暗号
いきる意味

思いだしてごらん
ふりそそぐ光の

ちかいのことば
思いだせる

やくそくの
合図は

手のなかに
つかんでいる

輝く文字が
浮かんでくる

さがしていた
木の根の頁
見つけだした

文字の
あいだの
見えない記号

思いだした
ふるさとのことば

かならず手にする
いのちのやくそく
生きている

奏でている
たしかめている
とりもどせたか

忘れるわけにはいかない

やくそくはいのちの
輝くちから

記憶はよみがえる
光の柱の

かなたから
見えてくる

光の暗号
光の文字
浮かんでくる

手のなかの
輝くもじが

よびかけている
よびおこしている
おとずれる

見えてくる
光のもじ

さがしていたいのちのいみ






posted by RFT 佐藤純子 at 17:05| 日記

2019年02月13日

木の実の頁



生命が
かがやきをとりもどすのは

人の意識が
自らをたかめることに

自らを引っぱることが
できたときだ

意識のたかまりは
人の生命を

本来の流れに連れ戻す

生命は
自らを
守るために

ただ自らに求める

高く高く
より高く

自らをかいふくせよと

意識は
たしかな
とびらを開く

とびらは
うけいれる

人のこえの囁き
とざされた思いの
もとめるよびごえ

だれも聞こえない
ことばのないさけび声

待ちつづけている
とびらの開く音
ながいときの

もたらす
光の輪
羽根のいろ

ふりそそぐ
いく千の
祝福のこえ

みあげた天の
光源に
つらなる響き

とりどりの
羽ばたく音に
注がれた輝く光

聞こえるのは
天の聖歌

奏でるのは
数万の大軍

木の実の頁は
伝えている

輝くときが
おとずれる

さあ立ちなさい
受けとりなさい

木の実の
豊潤な甘い果実

手のひらに
おかれている

実の
熟れたかおり

口にふくめば
鼻に
とおりすぎる

あまい蜜と
芳しいかおり

いきをすい
体にはこべば

ひろがる
新しい息吹

手にとってたしかめなさい

自らの
ちかいのことば
うかびあがる

輝く文字が
示している
思い出したときが

扉のひらくとき
ききなさい

うけとることができる
おとといろ

目をとじて聞きなさい
響く音色
こだましている

訪れる
なないろの光輝くとき

放たれる
虹のようにまるい
円を描く

たしかにある
手のなかの果実
語っている

自らの
かなでる音は

果実が知っている

よみとってごらん
まちのぞんできた

しあわせな音
手のなかで

溢れるように流れる
おとの
ひびく歌声

天に
たしかな愛の歌声

耳のなかに
こぼれてくる音

光のなかにはじけている
見えてくる

輝いている
ななつの色

とりだしてごらん
手のなかの果実は
まちのぞんでいる

おとが光の
映しだすとき
放たれる

あざやかな輝く
あか色の
光線

敷きつめられる
実のとりどり
見えている

ひかっている
木の実の
かがやいた皮

きこえてくる
木の実の
ゆれる音

たしかめれば
分かるはず

手のなかの
果実が
おぼえている

約束の
文字

ふるさとの
ひびく


まっていた
よんでいた

天の
翼の
ひらく音






posted by RFT 佐藤純子 at 23:58| 日記

2019年02月10日

花弁の頁



人の
生死に
判別があるのは

生命への誤解である

生命のシステムに
かくされているのは

いきる意味や
意識の重要性で

とらえどころのない
こころの仕組みを
解明するものではない

人は
安心と納得を手にすれば
生き方がわかると信じている

ではなぜ
意識のあり方が重要かといえば
人の本質が

意識だからである

意識は人を創り
人を育て

人としてのあり方を決定する

人は自らの意識を
自らできめる力を持ち合わせている

生きる知恵を
人は使うすべを知らない

花弁は
真実を解く

知恵の
源の
力のありかは

花弁に描かれた
暗号に
かくされている

花弁をみつめれば
かおりの先の先
ことばの端の

光の文字に
そそがれる
白い線に

意識を向けなさい

浮かびあがる
花の色

色のなかに
うかぶのは

天の輝く
色とりどりの

羽根の
祝福

目の先に
見えてくる

耳の奥に
聞こえてくる

飛び立つように
背中の羽根が伝えている

人の
思いの世界をぬけて

自らのなかに
真実を呼びもどせ

響いてくる
知っている

高鳴る鼓動の先から
ひらく扉の
たしかな足おと

聞こえている
見えている

ここにある

ここにかくされている
知恵の扉の

光の鍵

たしかめてごらん
胸に手を当てて

とりだしてごらん
もう手の中ににぎっている

目の前の扉は
その鍵でひらく

たしかな合図は
意識のなかに






posted by RFT 佐藤純子 at 12:46| 日記

2019年02月07日

イチジクの頁



人が
生命を
輝かせるのは

人の
生命が
限られているからだ

生命は
限られたなかで
自らを

光のうずに
つれもどす

たしかな
記憶は
光の文字

イチジクの
したたるつゆの

奥の奥
かおりの
先の先

ひろがる土の
そのかおり

鼻から
目から

よみがえる

かぐわしい
土のかおり

かかれた文字に
浮かびあがる
イチジクの

不老不死の
知恵の
ことば

ひらいた頁に

えがかれている
みどりの
色づかい

目を凝らせば
みえてくる

暗号は
文字のあいだに
組み込まれている

みどりの
文字が
うかんだら

よみとって
胸におさめなさい

文字は
生命を

輝かせることを
約束している






posted by RFT 佐藤純子 at 11:07| 日記

2019年02月04日

草花の書



人が
自らを信じられないのは
人の
欲望に
小さな真実が隠されているからだ

小さな真実は
未知の
知恵の
一端である

わずかに
訪れる声に
真実の暗号がある
それは

煌めく朝陽の
あさつゆの光

草木の
輝く葉音

いつかの
遠い記憶のなかに
暗号は

繰り返し刻まれている

覚えているだろう
思い出すだろう

小さな真実の
隠されていた場所を

知っている
よみがえる

胸に刻んだ遠い場所

ふりかえってごらん
思い出せるから

一度も
忘れたことのない
故郷の花の

したたる水のかおり

思い出す
よみがえる

記憶の端の鮮明な輝き
まだ

おぼえている
記憶が
よみがえる

忘れることはない
いのちの記憶
よみがえる

やってくる
輝きの
そのときがおとずれる

みずみずしい
花の香り
においたつ

おとずれる
花のひらくとき

くりかえされる
暗号の文字

きいてごらん
花のひらくおと

花のひらくとき
人は
思いだすことができる

ひらいてごらん
おとがきこえる

しずけさのなかに
ねいろが
きこえる

しずかにやってくる
くさと木と

風にゆれる
つゆの
かがやく光

おもいだせる
いつも
きざんでいた

くりかえし
おとずれていた

光のねいろは
てらしている
ひざしの

おとの
しらべ

たしかめなさい
輝く書が
つたえている

たったひとつの暗号を






posted by RFT 佐藤純子 at 10:57| 日記

2019年02月01日

風の書



静かに訪れる春の気配には
誰にも見ることのできない
色の配置がある

色には
とりどりの
輝く合図が隠されている

人は
肌で感じられるものだけが
真実と
思っているが

合図には人の
肌ではない感覚をもって
しることができる

特別の
感覚器の
反応を
呼び覚ます

力の法則が
埋め込まれている

人の
感覚器は
肌で感じるものより
多く用意されている

自らが
自らについて

かえりみることを
望んだとき

これらの感覚器が
目覚め
自らを導く

人の描く
感覚器が

自らの
輝く希望となる

感覚器を
とらえたいと願うなら

目をとじて
響いてくるのをまちなさい

目の奥の
花のかおり

静かな
色にかこまれた

その先の先に
風がふいているのが
みえるだろう

風の書は
未来の
変容の

希望を伝えている

人が
変容の
先の先に見いだすのは

光の柱が
天にのびて

故郷の
かおりの

色とりどりに
並んでいる

花の
光の文字

繰り返される
言葉の配置

言葉は
告げる

守りぬきなさい
大切なものを

ここにあるのは
たしかな約束なのだ

必ずなしとげる
天と地の融和

目覚めのときは
目前にあらわれている

みつめなさい
扉の開くときを

天の歌が
聞こえてくる

音色のなかの
輝きの調べ

待ち望むのは
数千の
力の大軍の

光輝く
神秘の

翼の雲
見あげなさい

文字の先から
光が舞っている

約束されている
出会いの

決められている
時の訪れ

たしかめなさい
輝く書が

告げていた
自らとの

約束の
合図を






posted by RFT 佐藤純子 at 15:30| 日記

2019年01月29日

輝きの書



人が自らを顧みることができないのは
人の欲求が自らを縛るからだ

人の思いの行きつくところは
ただ自らを守ることに終始する

輝く光は
人の思いの
欲望が

自らを追い詰め
自らを追い出し

執着という
偽りの罠から
抜け出す方法を伝えている

知っている
覚えている

輝く書は
つねに自らの内にあり

湧き上がる情熱を
追うことだけを
語りかけている

聞こえてくる
静かな音色

伝えている
優しいまなざし

見守っている
深い生命の泉

人の思いは
地と天をつなぎ

柱の上に
光をおろす

たしかな
響きの声は

天と地に
輝く書の頁から

光の文字で
気を描く

光の文字は
天を示し

人を
書の力で

本来の泉の源へ
導いていく

光の言葉は
渦を描き

人の思いを
甦らせる

静かに
訪れる

時を知らせる鐘

聞こえてくるだろう
響いてくるだろう

花の香りとともに
輝く書の
花の頁

さあ開いてみなさい

こぼれてくる
蜜の色

その手のなかに
浮かびあがる

花の色と花の文字

深い息で
感じとれば

かぐわしい
花の香りの
みなもとから

こだまするように
湧き起こる

大いなる知恵の
光のかけら

読みとって
つかみなさい

時の訪れは
自らで決めている

望みなさい
自らの合図は
決めてある






posted by RFT 佐藤純子 at 14:18| 日記

2019年01月27日

光の書



生命は光とともに
その輝きを働かせる

光の力は人を
伸ばして高め上げる

力の先に広がる
紫雲の輝きは
世に平安をもたらす

光の書は
誰の手にも
等しく表れる

光の書に書かれているのは
人の力をいかに発揮することが
世にふさわしいかである

人は自らを知り
自らを育てなければならない

思いは真実を解き明かす
大いなる知恵を
はらんでいる

しかし
思いは過ちをもたらす
嘆きの言葉を
信じている

人は選択をその身に委ねられ
さまようごとく
生きなければならない

では
どのようにその選択を
抜き取るか

人が決められることは
ささいにすぎない

まず
選ぶことから離れなければならない

自らの選択は
どこにもないと知ることだ

人が選択を自らに委ねたとき
その選択は間違っていることを
自らに教えなければならない

そして
その間違った選択を
自らの知恵で
覆さなければならない

知恵は
自らが委ねた自らの意識の
源泉に溢れている

耳を澄ませ
声を聞く

声は小さくつぶやくように
やってくるかもしれない

声は大きくどなるように
やってくるかもしれない

人はその声を聞く力を持っている
まず自らを信じることが
すべての始まりだ

なぜ自らが信じられないのかといえば
自らを覆う欲望が
巧みに自らを操るからだ

真実の声は
欲望によって
もみ消されてしまう

人は真実の声を
否定することはできない

人はつねに
真実の声に守られているからだ

目を閉じて
内なる光を探せ

その光は自らを
導く手となる

手は人を導く

人は光の先の
その先に
源泉の故郷があると
思い出す

導く手に
委ねると良い

光の柱は自らの
目覚めを待ち望んでいる






posted by RFT 佐藤純子 at 16:14| 日記

2019年01月23日

唯一の花



輝く花の名は
光の中で
その力を発揮する

誰が見ただろう
誰が気づいただろう

その力の発揮する
偉大な輝きを

いつか遠い昔
人は自らを花にたとえて
その命を讃美した

遠い昔
人はその命に
善悪がないことをしり
深く知識を響かせあった

人々は愛を
花々は知識を
空は澄んで
天は輝く書を開く

書に表れるのは
人の構造や仕組みの何たるかではなく
人が何のためにその生命を得て
この世界が存在しているのか
解き明かす

一端の真実を垣間見せる
目的がある

生命は甦る
光の花の庭で

人は知っている
自らの輝く瞬間を

誰もが高鳴る鼓動の
喜びを知っている

大地は実りをもたらし
木々は葉をおとし
光はいろどりの
書を開く

光をうつす真理の中に
書かれているのは
金の文字

力をうみだす光のもとは
天の奏でる紫雲の弦

天の響きの
その先に続く
光の柱の
天の花

つむいで
織りかさねて
人は自らの心を輝かせる






posted by RFT 佐藤純子 at 18:10| 日記

2019年01月21日

天からの贈り物



天はその力の及ぶところに
文字を配置する

文字の中に
巧みに配列してあるのは
虹色の暗号

誰にも読み取ることはできない
誰にも踏み込まれない
光の種の響きが
文字に組み込まれている

光の種は
文字に乗って
人の内へと流れ込んでいく

花が咲く
花が咲く

心と呼応し
花は開く

開いた花はやがて光となり
世界を埋めつくす

天と地の融合は
光の柱が立ったとき
その力を発揮し
人々の喜びを創生する

天はこの光の花を
すべての人と理想のために
ただ積み上げて
和を築き上げる

力のなんたるかを
心は知っている

大切な輝きを
失わせてはならない

心の声は
本来の力を取り戻すために
語りかけ続ける

自らを見失ったとき
光の手が
しるしとなって現われる

心は語る
真実の喜びを
内側に照らしていなさいと

人は知る
明るく輝く光は
自らにしか灯せないことを

自らの力は
光の花が知っている

光の花が咲いている
誰の心にも
その種が植えられている

咲く日はかならずやってくる
進めばいい
その花を信じて






posted by RFT 佐藤純子 at 12:22| 日記